<~ブログ~ママノリア地球放浪記>

ママノリアのオフィシャルブログ:”ママノリア地球放浪記”



ポンコツカー ()
今日はポンコツカー という歌のご紹介2016年ママノリア10th anniversary liveマウントレーニアホールのライブCDの中に収録されています☆ママノリアは2006年から2008年までは、軽井沢に住んでいたのでライブの度に東京へと向かっていました。ですから週に一度は東京に通っていたことになります🚗しかし、中古の安い車だったので、東京と軽井沢の往復を繰り返しているうちに、エ...
>> 続きを読む

フラワーオブライフ*創世記とルシファー の二元性の実験(7.9絵の追加、一部修正、リンク追加しました) ()
  フラワーオブライフから創世記を図象で簡単に。これは古事記などにも繋がりますよね。まずは何もないボイド(虚空)から自分を知る為に6方向に意識を向けた(正八面体)空間を閉じて、最初の創造物が完成そして「神のスピリットは水面を歩いた」「そしてそのすぐ次に『光あれ』するとそこには光があった」一日目この光というのは二つ目の円が出来た時に重なる部分の「ヴェシカパイシス」※ずっと考えていることがあるのですが、私が見たUFO↓これはヴェシカパイシとマカバが関わっているのではないか?と。分裂していったのを鮮...
>> 続きを読む

言霊から見た神一厘の仕組み ()
言霊の奥秘が世に浸透するのは、もう少し後のこと封印が解かれ、書に描かれ継がれてきた言霊の解釈が色んな方に知れ渡り、解放され、それが多くの民に知れ渡ることは、それはそれで素晴らしきことであります。いずれ日本から世界へと、言霊の叡智は伝わっていきます。それは精神世界の復活、レムリア、ムーの叡智の封印が解かれることでもあります。現在の物質世界の探究は、約3千年の時を経てほぼ完成されました。モーセの十戒は、オリオンリゲルからの啓司です。オリオンリゲルは地球の物質界を征することが目的でした。当時のオリオン...
>> 続きを読む

僕は歌うよ ()
「僕は歌うよ」という作品は2008年に全国発売されたママノリアの1st singleとなります。ママノリアは2010年までは2人組でしたよ。今は1人でママノリアです^_^実は、この曲は2005年に完成していた曲です☆少し経緯を。ママノリアの前身の哀愁音楽家T2というバリバリなアマチュア時代にラジオ番組に出演することになりました。oleっち...
>> 続きを読む

不協和音 ()
2007年、インディーズでの1stシングルはまだ二人組時代。当時は軽井沢に住んでいたから、相方と宅録したのを昨日のことのように覚えています。当時僕の恋人には、お父さんがいなくてね。僕は、彼女のお父さんになろうと思った。そんな存在に近づこうとしたんだ。でも恋人はそれを求めていなかった。今考えると当たり前だけどね。いつも笑って欲しくて。馬鹿な事ばっかりしてたよ。空回りの不協和音。でもね、そんな日々も愛おしかったよ。他愛ない日々に出来た歌だよ音楽的には、ギターはアコースティック ギターとガットギターが...
>> 続きを読む

「ほしのこえ」「星の声」 ()
長野県を代表するアニメーターには、新海誠さんがいらっしゃいます。新海さんの作品に「ほしのこえ」という作品がありますが、ママノリアにも「星の声」という作品があります。ママノリアも長野県松本市出身、山の麓で育ちました。家からは松本市街が、少し歩くと安曇野の町並みが一望できます。最近ではりんご音楽祭🍎が有名になりましたが、開催されるアルプス公園は目と鼻の先です(^-^)大自然の中で育つと、音に敏感になるような気がします。風の音や、川の音、鳥の声や虫の音、、、自然の音が当たり前に生活の一...
>> 続きを読む

これから ()
最近はあまりyoutube アップが出来なくて申し訳ないです(>人<;)少しずつ過去の歌を紹介していきますね☆今日は「これから」ママノリアは2008年に再上京するのですが、その時の心境を歌っています^ - ^この辺の時代は、音楽的にはハナレグミに影響を受けていたかなぁあと、別の角度からだとノラジョーンズのピアノの雰囲気が好きだったから、そんなニュアンスもなんとなく入っていると思います(^^)陰が強いかなぁ、でも...
>> 続きを読む

改の改 様々なメッセージ  ()
私のガイド(守護霊)の一人に南インドの音楽家、哲学者、詩人、三楽聖の一人であるティヤーガラージャ氏がおります⬆︎Thygarja(1767―1847)本人曰く、この上の写真はカッコ良すぎるみたいです↑笑笑Tyagaraja - WikipediaTyagaraja - Wikipedia現在、ティヤーガラージャは南インドでは功績を称えられてちょっと崇められているようでもあります。この時代の...
>> 続きを読む

今後のライブについて ()
 小さな会場にお客様を集めて、歌ってきたママノリアのようなミュージシャン達は、フェイスシールドを着用の可能性があります。あとは、細かい基準が決まってきていますが、、、私の中ではこれはライブではないです。一緒に歌って、一緒に笑って、一緒に泣いて、、、熱が熱を生んで、ドキドキしたり、癒されたり。アーティストとお客様がありのままの姿になった瞬間に感動は生まれます。それがママノリアにとってのライブ。ライブを楽しみにしていたお客様には大変申し訳ございませんが、気兼ねなく聞いて頂ける日まで、そして思いっきり...
>> 続きを読む

食について ()
 私は小さな頃は特に、この世界が幻想のように感じていました。それは、例えるならば本当の自分がどこかの惑星にいて、その自分が眠っていて夢を見ている。その夢の世界がこの地球の自分のような感覚。なんとも言い難い、妙な感覚を特に幼少期には強く感じていました。ずっとおかしいと思っていたことがあって小さな頃からずっと、、、ライオンがヌーやシマウマを狩って生きたまま食べたり、ワニが象をひきづり込んで食べたり、、動物の赤ちゃんは生きるか、食べられてしまうか、賭けのようなものじゃない??人間だってさ牛や豚を食べる...
>> 続きを読む